日本社会福祉学会関東部会
現在の位置 : 研究大会 » 2022年度 関東地域ブロック研究大会 プログラム

2022年度 関東地域ブロック研究大会 プログラム


 
大会テーマ:
「生活困窮者に対する制度・支援の新たな展開」


■日時:2023年3月19日(日):9:30~15:50
■会場:オンライン(Zoom)
■参加費:無料
■開催趣旨

 既存の生活困窮者に対する制度・支援のあり方がいま改めて問われています。この背景には、社会構造の変化や新型コロナウイルスの蔓延等により、生活困窮者のための制度や支援の理念・枠組みが、こんにち的な生活困窮者が抱える課題を十分にカバーできなくなっていることがあります。その一方で、ICTなどの活用が進み、生活困窮者の支援において新しいアプローチも生まれ始めています。

 今回の研究大会では、生活困窮者支援の全体像について理解を深め、その後、生活困窮者とジェンダー・生活困窮者の報道を通して見えるスティグマ、新しい支援の模索などの報告を通して、生活困窮者支援のこれからについて改めて議論したいと思います。

プログラム


時間 内容
9:30 自由研究報告(~12:00)

(1) 研究報告部門(報告30分、質疑応答20分)

(2) 萌芽的研究報告部門(報告15分、質疑応答10分)

(3) 実践報告部門(報告15分、質疑応答10分)

13:00 基調講演・シンポジウム(~15:50)

生活困窮者に対する制度・支援の新たな展開

挨拶・趣旨説明(後藤広史)

13:05 【基調講演】(~13:50)
  ・猪飼周平 氏(一橋大学)
「生活困窮者支援の生活モデル的理解」
13:50 休憩(~14:00)
14:00 【シンポジウム】(~15:50)
・丸山里美 氏(京都大学)
「世帯のなかに隠れた貧困とジェンダー」
・清川卓史 氏(朝日新聞社)
「取材から見える生活困窮者のスティグマと報道の在り方」
・佐々木大志郎 氏(一般社団法人つくろい東京ファンド)
「一泊宿泊翌日相談「せかいビバーク」や、その他アウトリーチプロジェクトの取り組みからみえてきたもの」

ディスカッション(終了時刻は予定)

【司会・コーディネーター】
 ・贄川 信幸(日本社会事業大学)
 ・後藤 広史(立教大学)
15:50 総会(関東地域ブロック奨励賞授賞式)
 



大会参加申込フォーム 申込締切:3月13日(月)

https://forms.gle/1Aqe7sd96bqfiJSK8


自由研究報告の申込フォーム 申込締切:2023年1月29日(日)

https://forms.gle/VBLZ4NtMLz5deybj8




 

コンテンツ一覧へ移動